全身脱毛 医療

全身脱毛なら医療レーザー脱毛|気になるムダ毛をスッキリ処理

思った以上に深刻な医師不足

近年においては深刻な医者不足になっています。東京や大阪などの首都圏や大都市となればだいたい90%前後の充足率を達成していますが、田舎へ行くほど医者の充足率は下がっていき、なかには半分にも達していないというところもあります。

 

医学部を卒業して医者になろうとする人のなかでも、都会部ならいいのですが出身地からはなれた田舎となると、そこへの勤務を受け入れようとする人は極端にすくなくなっています。

 

また地域差だけではなく、科によっては医師の不足が深刻化しています。なかでも問題になっているのが産科医と小児科医です。というのは産科と小児科は仕事がきついのです。

 

産科は妊婦さんがいつ産気づくかは分からないため24時間体制の診療科になっています。そうなると医者の中でも特に不規則な生活になってしまうので、医学部生から敬遠されてしまうのです。

 

また小児科も医者としてはやりにくい診療科です。親というのはひとたび子供のことになると人が変わってしまうため、「医者の腕が悪いせいだ」と恨まれるケースが多いのです。精神的にとても疲れます。こうした理由から小児科医になる医師は不足している傾向にあるのです。

歯科医師の求人は厳しくなっている

歯科医師になるためには、6年制の歯学部を卒業して、歯科医師国家試験に合格することができればなれます。ただ、問題があります。歯科医師国家試験の合格率が軒並み下がっているというのです。これは一体どうなっているのでしょうか。

 

ここには歯科医師の過剰という問題があります。いまでは歯科医院の数はコンビニよりも多いといわれているほどで、歯科医師の資格はとれたけれども求人の募集が少なくなっているという問題があります。そこで試験の合格者数を制限してしまおうということになり、これが合格率が低下している原因になっているのです。

 

どうして歯科医が過剰になってしまったのか。そこには他の科の医者に比べると、休日がしっかり取れるなど時間的にゆとりのある生活ができるということがあるそうです。

 

しかし歯科医が過剰になると、長期的に勤務できる受け入れ先が少なくなり、開業医になろうとする人が増えています。開業して成功すれば収入は安定しますが、中には客があまりこなくて、やむを得ず廃業したり、低収入での経営を余儀なくされている歯科医師も多いのです。

実はモテない、医者の恋愛事情

医者といえば給料が高いため、結婚することでは不自由することがない。ところが実際にはそうではないようです。

 

まず、医者をやっていると、なかなか一般女性と知り合う機会はありません。そうなると病院関係者と付き合うことが多くなります。看護師や事務の方などと結婚することが多いといわれています。

 

普通、出会いを求めるとなると、合コンとなるものですが、医者の場合はそうもいきません。医者相手の合コンを希望する女性は多いのですが、実際に合コンをしてみると、二度と医者とは合コンしないという人が多くなります。

 

医者がどのようなものか、思っていたものと違うというのが大きな理由です。相手が医者ということで過度な期待をしてしまうというところもあります。実際には医療現場は重労働で家族サービスなどというものは期待できません。そのようなことを考えると医者の収入は思ったほどたいしたことはないと考えられてしまうのかもしれません。

 

ということで、将来が安定しているとか、そういうことで医者になりたいと考えている人がいたら、これは幻想なので別の生き方を考えてください。医療という人の命を預かることができないのであれば医者にはむいていません。医者だからモテモテというわけでもありません。医者の恋愛事情は厳しいです。

 

初めての全身永久脱毛は脱毛サロン選びから始まります。最後まで通い続けるためにはお値段だけじゃなくてサービスなども重要視して選ぶことをお勧めします。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ